endo.lab

工学院大学遠藤新研究室

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

若胡子屋跡の活用を考える CWS Part1 

2011/11/23
Wed. 02:48

A_20111123024234.jpg

広島県呉市豊町御手洗地区は、江戸時代に北前船の寄港する瀬戸内海の商業港として栄え、現在も当時の繁栄を偲ばせる街並みが残されています。平成6年には、重要伝統的建造物群保存地区に指定され、街並みの修復・整備が行われています。
「若胡子屋跡」は、この街並みの一角にある、江戸時代は御茶屋として栄えた格式のある建物であり、広島県史跡に指定されています。



IMG_2739.jpg
この茶屋には100人の遊女と商人で賑わっていたとか

IMG_2669.jpg
耐震補強のため中を2階までぶち抜いて鉄骨で補強していた

IMG_2815.jpg

IMG_2623.jpg

常磐町どおり
IMG_2554.jpg

DSC09499.jpg

IMG_2609.jpg
このような路地がところどころにあります


IMG_2738.jpg


プレゼン中・・・
DSC00590.jpg

IMG_2613.jpg

IMG_2841.jpg
船宿カフェ 若長でぜんざいをいただきました~
みかんやレモンの産地なので味はさっぱりレモン風味になってます。
2Fからは堤防が見えないため瀬戸内海のきれいな海を眺めてゆったりとできました♪

今回はPart1という事でどんな提案をするかというところまで
具体的イメージをつくるため2月中旬にまた現地に行ってきます!

(M1 kato)

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://arataendo.blog136.fc2.com/tb.php/90-2a4daaed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。