FC2ブログ

endo.lab

工学院大学遠藤新研究室

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

渋谷プロジェクト 

2013/08/04
Sun. 15:46

八月に入り、夏真っ盛りですが、先日まで真っ盛りであった渋谷プロジェクトの報告をしたいと思います。

渋谷プロジェクトは東京大学工学部都市工学科の演習課題に参加していくかたちでスタートしていきました。
研究室の活動として他大学と共同でプロジェクトを進めていくのは初めてです。

今回は渋谷を舞台に「生き延びる渋谷~超絶繁華街空間計画」というテーマのもと災害と都市の衰退という二つの視点から渋谷の街を「リング」というデザインコードで考えていくものでした。

パノラマ1

工学院チームの提案は渋谷の街をリング(アーク)/ファイバー/ディストリクト/ハブという要素に分解して考え、それを再編していく手法で日常と非日常を考えていくものでした。

一方、東大チームは東京、東京圏という広域から渋谷の在り方を考え、30年間でどのようにしてリングをつくっていき、渋谷が変化をしていくかを提示する案でした。

7月31日は渋谷の某所で商店街の方々、区役所の方々や現在、駅の再開発を進めている東急グループの方々や東日本鉄道の方をお呼びし、発表と意見交換会を開きました。

946700_495969527144180_1484051001_n.jpg

1001730_495969677144165_1128558779_n.jpg

住民/区/事業者という都市に関わる方々と新しい都市を考えていく場は刺激的であり、数か月間かけて考えてもでてこなかった視点や考え方は今後、都市を考えていく際に非常に大切なものとなりました。


打ち上げでは毎年、やる可能性もあるかもしれないと先生が一言。なかなかマスタープランを描く機会がないなかで他大学と共同で都市計画を行ない、都市デザインをしていくことは非常に楽しい時間でした
10月には冊子にし、渋谷の方々にご提供できるようになると思います。発表会に来ていただいた方々、東大のチームのみんな、窪田先生、羽藤先生、本当にありがとうございました。

M2 山口
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://arataendo.blog136.fc2.com/tb.php/159-ee18e49f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。